【書評】樺沢紫苑著書『学びを結果に変えるアウトプット』の感想・レビュー

スポンサーリンク

アウトプットって何をすればいいの?

アウトプットはしてるけど成果が出ない。

そんな人たちに向けて、『学びを結果に変えるアウトプット』を紹介したいと思います。

 

僕は3ヶ月前まで読書はしていてもただ読んでいるだけ、知識がたくさん増えるわけでも何か成長したと言えるわけでもありませんでした。

それもそのはずで、知識をインプットするだけでそのインプットしたモノをアウトプットしなければ、人は成長しないからです。

 

というわけで、アウトプットする方法を知るために本書を手に取りました。

こうして僕が、ブログやTwitterで発信をはじめるきっかけとなった1冊でもあります。

 

スポンサーリンク

著者の樺沢紫苑ってどんな人?

樺沢紫苑さんは精神科医であり作家でもある方で、他にも映画評論家やYouTuberといくつもの肩書きを持っておられます。

 

メルマガやYouTubeなどの媒体で精神医学や心理学などの情報を何年も毎日継続して発信しておられます。

それゆえに、「日本一アウトプットをしている精神科医」として活躍しておられます。

 

『アウトプット大全』の概要

一言で表すと、アウトプットのすべてが書かれた本です。

アウトプットの方法を知りたいという方にはもちろん、日記やブログ、講演などである程度アウトプットについて知っている方の参考にもなります。

 

アウトプットには主に話す・書く・行動するの3パターンあります。

本書で学べること

  • 3パターンそれぞれの方法・コツ
  • すぐに実践できるアウトプットトレーニング

3つのパターンについてわかりやすく具体的に解説してあるので、読んですぐに実践しましょう!

 

また、本書は精神科医が書いた本であるがゆえに脳科学に裏付けらていて説得力のある1冊となっています。

アウトプットの方法だけでなく、アウトプットする上での思考や心理学についても紹介されているので何かしらアウトプットしたいという人にもおすすめです。

 

控えめに言ってめちゃくちゃ参考になるので、アウトプットマスターになるまで繰り返し読むべき1冊だと思います。

 

目次は以下の通りです。

Chapter1.アウトプットの基本法則

Chapter2.科学に裏付けられた、伝わる話し方

Chapter3.能力を最大限に引き出す書き方

Chapter4.圧倒的に結果を出す人の行動力

Chapter5.アウトプット力を高める7つのトレーニング法

 

『アウトプット大全』から学んだこと

本書を読んで学んだことを3つ紹介します。

 

学んだこと3つのこと

  1. 読書感想文を書く
  2. 上手な文章の書き方
  3. 要約する

それでは、1つずつ解説していきます。

 

1.読書感想文の書く

簡単なアウトプットのトレーニングとして紹介されている読書感想文では、本書で紹介されている「ビフォー⇒アフター」というテンプレートが最強でした。

・ビフォーとは

ビフォーとは、その本を読む前の自分についてのことです。

自分の現状や考えなど、客観的に評価したことについて書いていきます。

・アフター

アフターは気付きTo Doの2つから構成されています。

気付きとは、読んだ本の内容で知らなかったことや「なるほど!」と思ったことなどです。

To Doとは、気付いたことに対してこれから行動に移していくプランやタスクのことです。

 

具体的にこんな感じです⇓

ビフォー アフター
気付き To Do
今までの自分は、ただ読書しているだけで、自分の成長に繋がっていなかった。 本書を読んで、アウトプットしなければ成長しないことに気づいた。 読んだ本について、感想文や書評をする。

 

1気付き1To Doを1セットとして3セットを目安に書いていくのがベストですね。

 

2.上手な文章の書き方

本書では、上手な文章を書くにはたくさん読んで、たくさん書くことが大切です。

またその書いた内容をSNSやブログで発信することにより得られるアドバイスや批判などのフィードバックが重要だということなので僕もこうして発信を始めました。

 

文章の構成パターンも紹介されていました。

文書の基本4構成

  1. 序論⇒本論⇒結論
  2. 起承転結
  3. 結論⇒根拠・理由⇒まとめ
  4. イントロダクション⇒コンテンツ⇒まとめ

上記のうち、パターン3が特にオススメで、文章をよく書く方、これから書こうと思っている方は参考にしてください。

3.要約する

要約力を高めることでコミュニケーション能力や読解力が向上します。

では、その要約力はどうやって鍛えればいいのかというと、Twitterを活用するのがおすすめです!

本や映画の感想や要約、その日の出来事などを140字という絶妙な文字数でまとめることで要約力を鍛えることができます。

 

ビジネスマンや直接人と関わるお仕事をされている方に特におすすめです!

 

まとめ

本書に「インプットで自己満足・アウトプットで自己成長」という言葉があり本当にその通りだと思いました。

僕も発信を始めたり、人と会ったりすることで思考や行動が変わりつつあると実感できるときがあります。

 

アウトプットでしか現状は変えられないので、この本をそのきっかけにしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました